葬式の種類について

葬式には様々な種類があり、日本で最も多く見られる仏式の他に、神式やキリスト教式、宗教色のない自由葬などがあります。仏式葬儀の流れは、まずは喪主や遺族が入場、着座して葬式が開始されます。次に僧侶が入場、全員が合掌した後に司会者が開式の辞を述べます。僧侶が読経した後に弔辞・弔電が披露され、再び読経します。焼香は最初に喪主が行い、遺族と近親者が終わってから一般会葬者が行う流れとなります。棺に献花し、故人の愛用品などを納め釘打するお別れの儀を最後に行い、葬儀委員長が謝辞を述べて僧侶が退場します。棺に愛用品を入れる時は、ガラス製品や金属製品、環境に影響を与えるものなどは入れてはいけない決まりです。ガラスや金属は溶けずに遺骨に残ってしまったりする場合があります。最後に出棺し、棺を火葬場へと運ぶのを見送ったら葬式は終了です。葬式の流れを理解しておくことで、式をスムーズに進行させ、故人を送り出すことができます。