葬式についての知識

葬式には通夜、葬儀、告別式があります。以前はそれぞれの儀式を個別で行なっていましたが、今では葬儀と告別式を一緒に行なうなど変わってきています。
通夜は亡くなった人と生前親しかった友人や親族などが共にわかれを惜しむ儀式で、故人と一緒に夜を過ごして別れを惜しみます。近年では告別式に参加できない場合、親族や知人でなくても参加できるようになっています。夜を通して通夜が行なわれるのですが、短時間で終わる半通夜が主流です。
葬儀は冥福を祈って別れを故人に告げる儀式で、宗教観などが色濃くなります。宗教により葬儀の流れなどは異なります。
告別式は、葬儀と似ていますが異なるもので、亡くなった人に最後の別れを告げる儀式になります。告別式は親族など近親者以外の友人や知人などが参加できます。以前は葬儀と告別式別々に行なうことが主流でしたが、今では葬儀と告別式を一緒に行なう場合が多くなっています。葬儀を密葬という形式で行ない、告別式ではなくお別れの会などとして別の日に設ける場合もあります。