葬式の費用は誰が出す?

葬式の費用を出す人は、基本的には喪主です。故人が葬儀用として貯金していた場合は、そこから出してもいいでしょう。
喪主が基本とはいうものの、不足しているのであれば親族が足してもいいです。
大勢の人を呼ぶ一般葬であれば、香典をいただくので、飲食接待費はそこから賄うことができます。ただし、香典費用の相場は1人あたり3,000円なので、香典だけで全ての費用を賄うのは難しいです。
葬式全体の費用の相場が120〜150万円、そのうち30万円程度が飲食接待費にあてられます。
物品やサービスなどの利用料が70万円程度で、残りは寺院への支払いです。
寺院への支払いはお布施という形で渡します。この金額は戒名の文字数やお寺の方針によって異なるので、葬儀社に聞いておいたほうがいいでしょう。戒名には位があり、位が高くなるほどお布施の金額が上がります。信士(しんし)、信女(しんにょ)は50万円、居士(こじ)、大姉(たいし)は50万円〜80万円ほど払うことが多いです。