葬儀には様々な種類がある!一般葬とは

葬儀には様々な種類がありますが最も一般的なのが人間関係や社会関係における縁や絆を重視した伝統的な葬儀である一般葬が挙げられます。家族葬のように会葬者を身内に特定せずに個人や遺族と親交のあった人たちに対して広くお知らせして参列してもらうことが出来ます。喪主や遺族にとっては一時的に負担が多くなりますが家族葬のように後々会葬できなかった人も多く訪れることが出来るのでより多くの人に参加してもらうことが出来るのはメリットとして挙げられます。このように会葬予定者人数が300名以下の規模で行われている葬儀を一般葬と呼んでおり内容や進行は家族葬と変わりありません。一般葬を行う際に一番困るのが斎場の確保だと考えられますが会葬予定者数に応じて決めることになるので会葬者が300名以下であればある程度の大きさがある葬儀式場で行われています。斎場の大きさによって準備時間や内容、費用、場所を取れるかどうかが変わってきます。