投稿日:

一般葬やその他の葬儀の種類について

近年の葬儀は、斎場を借りて執り行われることが一般的となっていますが、一般葬のほかにも密葬や家族葬など種類は様々です。
故人が企業や団体に属していたなど社会的交流が広く見られていた場合は、一定数の参列者が見込まれることから、通常は一般葬が選ばれます。一般葬では斎場の一室を借り、参列者が座れるよう一定の座席を用意します。
ごく親しい身内だけで葬儀を行う場合は、家族葬や密葬が選択されます。家族葬といっても家族だけではなく、親類や友人、親しい知人など参列者を招き入れるケースも良く見られます。どこからどこまでを参列可能とするかなどの詳細な線引はされないため、柔軟性があり選択しやすいというメリットがあります。
密葬は文字通り家族などごく親しい身内だけで行われるもので、故人が生前社会的影響力が強かった場合など、大規模な葬儀を実施する前に執り行われたり、身寄りが無い場合などに関係者だけで実施され、一部の儀式が省略されることもあります。