葬式と聞いて思い浮かべるのは

PR | 骨壺にも、さまざまな価格があります。
葬式とは、故人の死を弔い行われる儀式です。葬式というとお通夜・葬儀・告別式と思い浮かべます。一般的なお葬式の流れに含まれています。
葬式の一般的な流れは、
1.ご逝去。病院などに連絡し、死亡診断書をもらいます。
2.お迎え、ご安置。葬儀会社に連絡して迎えに来てもらいます。安置施設に移動。法律上、24時間以内は火葬できない決まりがあります。
3.打ち合わせ、連絡。日時や費用、関係者、各手続きの段取りをします。
4.納棺。故人の好きだったものや入れたいものを入れます。
5.お通夜。故人とともに過ごす最後の夜になります。
6.葬儀。故人と過ごす最後の日になります。
7.告別式。故人に生花を飾り、最後のお別れになります。
8.出棺。参列者に挨拶をし、火葬場へ出棺します。
9.火葬。火葬場によって違いますが、1時間ほどで収骨になります。
10.納骨。骨壺に遺骨を納めていきます。
11.精進落とし。親戚や関係者を労う会食になります。

葬式には様々なスタイルがあります。
宗教、場所、人数、他にも現在では多くの選択肢があります。
宗教葬では宗派の確認も必要です。
場所は自宅、寺院、教会、斎場などがあります。
身内だけで行う家族葬、通夜と告別式を1日で行う一日葬、お葬式を行わない直葬、お別れ会など組み合わせることもあります。

一般的には葬儀社に頼むことが多いでしょう。
そこでまず故人の遺体の搬送を頼みます。
次に喪主、受付などの係を決め、日時、式場、火葬場などを決定します。
祭壇や棺、香典返しの数量と内容、食事なども値段や雰囲気などを考えて決めていきます。

そして通夜や告別式、骨上げの流れの打ち合わせがあります。

ここで近親者、近隣への連絡や人数が必要になります。
事前にある程度、把握しておくことが大切です。
また、菩提寺がある場合には遺体の安置場所と到着予定時刻を知らせる必要があります。
通夜に先だって「枕経(まくらぎょう)」を勤めて頂くためです。
作法についてはお寺や葬儀社に確認しましょう。

決まったら費用を現金で用意します。
葬儀代、お布施、戒名料、お車代、心付けなど包み袋も準備します。

<PR>JALカード / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / GetMoney / 内職 アルバイト / 貯蓄 / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / クレジットカードの即日発行じゃけん / 健康マニアによる無病ライフ / お家の見直ししま専科 / 心の童話 / 童話